北陸の流通がストップです

「小矢部のコンビニは、棚が空っぽですよ」
小矢部のホールの方。
流通がストップしている。
今日、荷物を10個口送る予定が、北陸は流通が止まっている。
最終的に、明日送ればとも思うけど、15日につくかどうかはわからない。
なので急遽会場の音響を使用することに。
あーあ、昨日半日かかって機材を梱包したのに。

でも、ついている。
会場には全て揃っている。
前日にセットできるので大丈夫。

「車で搬入はなしですね。よかった。搬入口の雪かきをしないといけなかった」
ホールの方。
北海道の稚内、名寄で、まず搬入口の雪かきからということがあった。

富山の今のコロナ状況もある。
コンサートは大丈夫と思うけど。
何しろ出演者は埼玉から行くのだ。
でも全員PCR検査済。

このコンサートは文化庁の助成金事業。
事務所の森田が書類を書いて採択された。
無料のコンサートは、実演家にとっては命取りのところがある。
無料で慣れてしまうと、有料では足を運んでもらえなくなる。
結果、実演家は失業してしまう。

大切なのは、有料でも、何度でも聞きたいと思ってもらえるコンサートをすること。
厳しいけど、これが私たちの目標です。
テレビに負けないためにも、実演の良さを訴えないと。
そんなふうに思っているコロナ禍なのです。

いろいろ考えるので、頭が良くなった。
見れば分かると思うんだけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

遊心
2021年01月12日 17:27

北陸の豪雪は何とか峠を越えたようです。
この分では16日、17日の富山県小矢部市でのコンサートまでの気象条件は、小康状態を保てるのではないかと楽観しています。ただ、今回、新幹線が開業以来初めての運休となったように、人の動きまで制限され、出演者や参加者が無事に集まれるかが、やや心配です。

べんさんの言う通り、北陸の流通は今、マヒしています。
コンビニもスーパーも入荷がストップして品物がガラガラのようです。新聞も二日続けて遅配、普段は有料のデジタル配信が無料になりました。音楽機材搬入中止の判断は賢明だったと思います。

それにしても、無料公演が音楽家にとって危ない橋だとは、気が回りませんでした。言われてみると、その通りですね。これから真の実力が問われていくことになるでしょう。

雪の嵐が過ぎた今朝、読んだ歌です。

豪雪の過ぎし後に聴く「寒い朝」
北風の中に待とうよ春を

蛇足ながら、「寒い朝」は、1962年という日本の戦後経済成長期に、吉永小百合が歌手として清冽なデビューをした曲です。

とっくん
2021年01月12日 20:55
べんさん、「判断」「決断」を迫られる機会が多い年になりますね。
会場の機材を使うとのことで心配もあるでしょうが、それもまた良い巡り合わせとなることを祈ります。
べんさんはじめ、スタッフ、お客さんにとって良い公演となりますように。
だけ
2021年01月12日 23:58
テレビの週間天気予報で、小矢部コンサートの16〜17日の両日の気温は3月並みの11℃まで上がるそうです。*\(^o^)/*
これなら、お客さんも安心して行けますね。
スーパーにパンも並び始めました。