所沢労音、交流会

今日は、事務所のある人の誕生日です。 おめでとう! たけさん、いいアイディアだ! 考えよう! ただ、介護施設だけど・・・。 とっくん、大嫌いなお酒を飲んでいたら、どうなっただろうな? 1番だけ歌って、もっとたくさん歌えたかもしれないし、何を歌ったか覚えてなくて、同じ歌を何度も歌ったかもしれない。 やっぱ、大嫌いなお…
コメント:0

続きを読むread more

新たな一歩を!

次の仕事の準備をしているのですが、どうにも眠い。 お酒を飲んでいた時は、すべてをお酒の責任にしていたのですが、禁酒しているので、この疲れは年齢によるものらしい。 調べたことはないのだが。 コンサートによるコロナの感染がないか、ドキドキだ。 何かあったら責任は私にあるので、責任を取らせていただく。 禁酒していたのですが、禁酒…
コメント:2

続きを読むread more

コンサートの報告

コンサートで大きな失敗。 おしまいの2曲のあと、合唱隊のみなさんに、瞬間マスクを外して記念撮影をする、の約束を忘れました。 大ドジ。 まいったな、みんなになんと言って謝ろう、と。 マスク越しなのですが、いつも写真をお願いしている石川さんがばっちりと撮影していてくれた。 とりあえず良かった。 みなさんごめんなさい。 …
コメント:1

続きを読むread more

子どもの日に

子どもの日です。 ジャン・ロダーリ(チポリーノの冒険・国際アンデルセン賞作家)の言葉を。 「遊びが子どもに役立つのは」 自分がなんであるか、これまでよりもはっきりと自覚したり、自分を取り巻いている世界を現実として見ることができたり、自分と物、自分と他人、自分と全ての物事、それらの間にある距離をはっきりと知ることができるからであ…
コメント:4

続きを読むread more

コンサート大成功でした

「べんさん、よくコンサートを開催してくれました。文化団体はみんな苦しんでいます。コンサートやお芝居ができなくて、死活状態なのです。文化団体を励ましてくれています。ありがとう」フォーリーズの代表、土屋さん。 40+1コンサート「しあわせの種」終わりました。 コロナの中、700人くらいでしょうか(まだ集計ができていません)みなさん大…
コメント:4

続きを読むread more

さあ、明日です、埼玉新聞に

埼玉新聞に掲載。 うれしいです。 ステージの準備より、お客様のお迎えの方が大変そうです。 なにしろ1年越しのコンサート。 指定席も1年半前に発行したものです。 みなさん持っていらっしゃるのですかねえ。 コロナ禍で自由席に移る方も多いと思います。 1階が指定席で900席。 2階、3階が自由席で800席で…
コメント:3

続きを読むread more

実行委員会からの挨拶は録音でしんちゃん、高2

さあ5月だ。 あと中1日。 いろいろな思いがあるけど、みんなが待っていてくれる。 それだけで十分満足です。 明後日のコンサートは、なくても本望です。 開催はするのですが。 埼玉新聞、明日に載るそうです。 今の時期に、コンサートを開催するということで、埼玉新聞に迷惑がかかるからと、非掲載を打診したのですが、今だからこそ報…
コメント:1

続きを読むread more

再度PCR検査に

お酒を飲まない春は30年ぶりかな? 眠い。 眠いのは今まではお酒のせいかと思っていたけど。 仕事をしすぎなのです。 毎日12時間は仕事をしています。 40周年が終わったらゆっくり休む。 それを楽しみに。 キャンセルは多いけど、地元の人たちが増えています。 なんとか、それなりになるのではと。 わたくしだけでもと、…
コメント:2

続きを読むread more

あと4日、それいけ!

とっくん、職場にあるんじゃないの埼玉新聞は。 明日か明後日かな? 遊心さん、鈴蘭は日向が好きでしたっけ。 なんだか湿り気のあるところのような気が。 あれは水芭蕉か。 朝のお散歩をしていたら、やけに静か。 しばらくして気がついた。 休日だった。 川越は、都内からの近場の観光地。 今日も、午後には、たくさんの観…
コメント:1

続きを読むread more

埼玉新聞の取材

あれ?昨日、ブログは書かなかったかな? あれ?ここはどこ? 私は誰? 昨日、庭先に鈴蘭が咲いた。 少しばかりの親孝行と、父と母を連れて北海道を何日間か旅をした。 父親が存命の時だから25年以上前のことだ。 札幌、滝川、岩見沢、芦別と親戚の家を尋ね回った。 故郷、芦別の炭鉱住宅跡に立ち寄り、そこに咲いていた鈴蘭を持ち帰っ…
コメント:2

続きを読むread more

ゲネプロ、ウェスタ川越で

本来ならば、1年前の今日、コンサートでした。 チェルノブイリの原発事故の日。 原発から数キロで被爆したナターシャ・グジーさんがゲストでした。 この日程は偶然でした。 それを知った時には鳥肌が立ちました。 今日は、ウェスタ川越のリハーサル室でゲネプロ。 通しリハーサル。 いろいろな問題、課題が見えます。 10時過ぎ…
コメント:2

続きを読むread more

当日パンフの挟み込み

とっくん、面白いかもしれない。 「なんだかね」って歌。 どう?創ってみない。 このブログ、個人的な情報が書けないことなどが多くて、 難しいね。 コンサートで、顔が映った写真も、本人の確認が必要。 制約が、文章を面白くなくする。 どう考えたらいいのかね。 コンサート、近づいてきた。 あと9日。 おしりに火が…
コメント:3

続きを読むread more

コンサートの準備に余念が

川越市も「まん延防止等重点措置」が適用された。 ホールはどうなのでしょうね? 考えても仕方がない。 たけさん、どうしたら地球上に恒久の平和を築くことができるのか? ミャンマーの報道に接していると複雑な思いになる。 とっくん、明日目覚めればいいけどね。 そうありたいな。 コンサートが終わって、次の日には冷たくなってい…
コメント:1

続きを読むread more

石ころをのみこんだケヤキ

袈裟のお散歩。 おっと違った、今朝のお散歩。 袈裟のお散歩じゃあ、お坊様だ。 おもしろいものを見つけた。 木の根に食い込んでいる石だ。 大きな石ならみたことがあるが、20センチほどの楔形の石。 まるで欅の木が飲み込んでいくみたいなのだ。 「いしをのみこんだケヤキ」だ。 あと10日。 2年間の準備があ…
コメント:3

続きを読むread more

バヤキッサ・アンドレイさんが亡くなった

人のことを言えないが、菅さんはどうも貧乏くさい顔だ。 いまいち覇気のある顔ではない。 「人のことは言えない!」わかっているよ、だ。 今日はアースディ。 地球の日だ。 そんな日だからこの話を。 バヤキッサ・アンドレイさんが亡くなった。19日。 西アフリカのコンゴ民主共和国の出身、一時はザイールと言っていた国。…
コメント:4

続きを読むread more

コミュニティFM川越に出演

たけさん、たいこさんの太鼓判は効き目がある。 そういえば太鼓判、といういい方は面白いね。 とっくん、本、良かった? 嬉しいな。 ほっときっきさんも絶賛してくれた。 ここで紹介したいくらい、褒められました。 遊心さんからのCD、今日送りましたよ。 送った方が早かった。 全国からのお客さんが100人ほど来られなくなっ…
コメント:2

続きを読むread more

5.3コンサートまで2週間に

遊心さん、CDは5月3日には確実に。 ただ、当日みんな大忙しなので、送った方が早いかな! とっくん、ギターの弦が古くなっているのはコンサートがないから。 いつもなら週1回は取り替えているのだ。 今のは3ヶ月は使っていた。 経済的でいいけどね。 お金はないのだけど、CDや本を次々に自費出版している。 実は、この2年ほ…
コメント:3

続きを読むread more

「ぼくの肩を貸してあげるよ」

遊心さん、CDはとっくんにはまだなんだ。 なるべく早くに。 コンサート前に、みんな大忙しなので。 なにしろ2年分の想いが詰まったコンサートです。 とっくん、「たんぽぽのうたがきこえる」みんな、好きな歌みたい。 べんさんはね、うーん!いい歌だよね。 「今朝、お散歩をしていたら歩きタバコをしている人がいた。 今どき信じ…
コメント:2

続きを読むread more

「たんぽぽのうたがきこえる」の話

感染が心配な日々です。 わたくしは1年以上、都内への電車には乗っていないのだけど、今日の川越市内は観光客が多かったようです。 ひとそれぞれ温度差があるので、なんと言っていいのか、複雑です。 ウェスタ川越大ホールは換気が行き届いています。 マスクをしていたら感染は問題ないそうです。 フェイスブックで書いたけど、わたくしはいま…
コメント:1

続きを読むread more

コンサートの曲目の紹介1

「しあわせの種」合唱隊の最後の練習。 大きな声で歌えないので、手話、手歌で練習。 残念だけど。 コロナ禍で、来てくれているみなさんに感動。 子どもさんも多かった。 40人ほど来てくれました。 それぞれに2メートルほど離れて。 当日予定のプログラムから紹介していきます。 「深き大地」 この10年くらい…
コメント:3

続きを読むread more