ギターの音色に気がついた

とっくん、かなりの特訓が必要だけど、今なら1キロは走れる。
大会に出るのもいいかもね。
ただ、べんさんは、みんなで一緒が、あまり好きではない。
ひとり黙々が好きみたい。
人生に現れる。


どこにも出ていかないので体重が増えつつある。
困った。
ジーンズが全部履けなくなる。
新たに何万円もの出費になりそう。
なんとかして体重を落とさないと。

2年前までは、何を食べても、どんな暮らしをしていても太らなかった。
事務所でいばり散らしていた。
「食べすぎなんだよ!」

母の介護が終わってから急に太り出した。
精神的なプレッシャーで太らなかったみたい。

みなさん、体重を減らしたかったら介護に限ります。
被介護者がいない人、いい案があります。
べんさんが、そろそろです。


歌の練習で、ギターを使い分けて録音をしています。
それぞれのギターの音が見事に異なるのに驚いています。
「どうしていままで気づかなかったの?」って。
いつもは、ギターのボディが体に密着している。
そして後ろの音を聴いている。
お客さんの聞く音が聞こえていないのです。
新発見です。
録音した自分の声を聞くと、自分の声じゃないみたいでしょう?
あれです。

今日も1日雨。明日も雨らしい。
せっかくの秋です。
ゆっくりお散歩したいね。
日曜日はリハーサルだし、当分無理かも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年10月10日 07:02
べんさん、ギターの音色が、べんさん側とお客さん側で違って聞こえるのは、前からくる救急車のサイレンの音が、通り過ぎると変わるみたいなことに似てるんですかね。自分のギターの音色を、前から聴くっていうのはさすがにできないね。