西川禎一さんの最期

おひとり座の西川禎一さんの娘さんが、西川さんのFacebookにお知らせをされている。
舞台で死にたかったという西川さんは願いが叶わず、自宅で。
亡くなる三日前に、娘さんお二人を観客に人形劇をされたそう。
最後まで演者でいたかったのですね。

今日、散歩の時に思い出した。
10年以上前だったか、全国を車で旅していた西川さんの車のナンバーが「55」。
「孫がプロ野球の松井秀喜選手のファンでね。孫のために取ったナンバーなんだよ!」
嬉しそうに話していた。
コンサートで使用した「べんさん人形」は、西川さんに創っていただいた。
お礼は、西川さんに贈る歌を創作した。


「舞台で死にたい」
昔の芸人はよくそうおっしゃった。
人生をかけていたのでしょう。


べんさんが死ぬならどうするかな?
舞台も自宅もやめておきたいな。
やっぱり病院がいいかな。
だれにも迷惑をかけないのがいい。
お医者さんや看護師さんには、お仕事なので我慢してもらう。

最後の公演は「ゴキブリさん」「ハエさん」「ネコさん」「イヌさん」(はらぺこの犬)が、さしずめ、お客さんかな?

さあ、西川さんの分まで、もう少し。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年10月13日 14:19
べんさん、「役者さんは役者として。歌手は歌手として。現役のままその生涯を全うしたい。」という思いなのですね。まだまだ、べんさんには役目があると思うので、ずっと現役でいてね。