休眠口座、解約編

歴史上最大の台風被害か、と思ったけど、とりえずホッと。


10年前に銀行から通知がきていた。
娘名義の通帳に10万円ほど残高があると。

眠っているお金がそんなにあるはずがない。
どうしたものか?
と、考えているうちに10年経った。

娘は結婚して名前が変わった。
通帳は見つからない。

とりあえずと。
身分証明できるもの、そして結婚して名前が変わった証明と、家にある印鑑(20ほどあった)の全てを持って、娘と銀行にでかけた。
解約できた。
印鑑は必要なかった。
10万円、残っていた。

何のための口座なのかわからない。
わたくしが貧しかったから、私の父親が娘(孫)のために口座をつくってくれたのかもしれない。
どう使おうか?

アイディアが浮かんだ。
一昨年亡くなった母親の名前を、まだ墓に刻んでいない。
墓地の契約書を紛失したためだ。
2年間、探していたが見つからない。
契約書の再発行と、刻む費用に当てることにした。
我ながら、いい考えだ。
まだわたくしの頭も働くのだ。

降って湧いたお金、それ相応の遣いかたをしたら、いつかいいことがありそうな気がして。
何よりも、自分の気持ちが落ち着くのだ。
それにしても生きていくのは面倒なことが多い。

自分のことながら呆れるほどのんびりしている。
それぞれ2年、10年も放っておいた。
そういえば髪のスタイルもどうしようか悩んでいるうちに5年間、美容院に行っていない。何しているのだろう?


「思い出のマーニー」はジブリでアニメになっているんだってね。
知らなかった。
本を読んで、ジブリを観てみたくなった。
上巻は、淡々とアンナの暗い性格の描写。
普通なら上巻で読むのをやめてしまいそう。
それが下巻で一気に変わっていく。
そして意外な結末が。
深い感動だ。
お勧め。

「お父さん、長い間読み継がれた小説だから、いいのは当たり前!」と娘が。
娘も毒書家みたい。
親子だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

とっくん
2020年09月08日 16:57
べんさん、口座は生きていたのですね。その10万円が、いくらに化けていたのか・・・ちょっと気になります。