どんな仕事をしようかな?

GOTOキャンペーンなんて誰が考え出したのだろう?
安倍さんだって自虐的に「ゴートーキャンペーン」と言っていた。

一度決めたことを覆すというのは沽券に関わる。
なにしろ今年になって、もう2度もしている。
3度目はできないというのだろうな。
一度決まったことは、間違っていると気がついてもやってしまうのがお国の仕事だ。
日本中にどれだけ使われなくなった建築物があるか!


たけさん、どこもここも困っているのだろうね。
この状況では、どうなるか?
川越ナンバーを隠して走ろうかしらね。


とっくん、どうしたら、どうなるのか、誰にもわかっていなさそうだ。
どうしてPCRの検査をしないのか?
この間、テレビでどなたかがぽろっとおしゃべりになった。
「病院は手術が大きな収入源なんですよね。それができない今は、経営が苦しいのです」
手術なのだ。
PCRのような予防医療はお金にならないのだ。
なんて、うがった考えを持ってしまった。


最近、テレビの解説者で、しなをつくる女性が増えてきた。
不思議に思ったけど。
そうだ、コロナの岡田さんだ。
あの人は優しそうだけど、強烈な個性かも。


これから先も自粛が続きそう。
何ヶ月も仕事ができない人たちに、一時的に他の働く場所を提供するのはどうだろう?
働ける意欲のある人は、自分で働いてお金を得る方が健康的だと思う。
が、精神的に、体力的に他の仕事ができない人を苦しめることにもなるかも。
難しいね。
税金からの手当は限界があるから。

べんさんは、何ができるか?
保育園で働くことならやってみたいな。
体力がもたないかな。
得意の運転手という手もある。
シンガーソング・ドライバーだからね。
でもな、長時間運転は腰が痛い。
それに運転するとすぐに眠くなるから、時間指定の仕事は無理だな。
大工さんが好きなのだけど、べんさんがお家を作ったら、出口ばかり作っちゃって、入口をつくり忘れちゃいそうだ。
ビルの警備員はどうか?
夜中のビルの警備は怖いな。
うーん・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年07月14日 20:43
べんさん、父が突然「ゴート―キャンペーンて言ったろ?」と言い出したので、
「ああ、父よ、英語が読めないんだな。」と思ったら、
「安倍さんが、言い間違ったろ?」と続けたんですよ。
まさかと思ったら、本当に、「ゴート―」と言ったらしいですね。

GO TO キャンペーンは、観光地の方も困惑しているんだから、今からでも止めたらいいのにな。そもそも、「コロナが終息してから」と言っていたはずなのにな・・・