暴露本を出版したい

とっくん、片足ずつ、体重計を頭に乗せる、うんいいかも。
考えていたのは、体重計を二つ使って片足づつ乗せて測る。
空気をいっぱい吸い込んで測る。
逆立ちして測る。


本当にやってみたいのは、食とエネルギーと廃棄物だ。
食べるものを全て計測。
廃棄物を全て計測。
運動量を計測。
体重を計測。
これはやってみたい。
宇宙船ではやっているだろうけど。


ボルトンさんの「回願録」。
2億円の契約料。
出版社が売れると踏んだのだろうね。
今が売れどきだからな!


べんさんはどうしよう?
「しあわせの種」いい本なのだけど、なかなか販売が進まない。
暴露本がいいかもね?
誰を暴露する?
自分を暴露するしかないな。

「へそ曲がり」と言うけど「本当にへそが曲がっている」とか。
「実は頭がいいのだけど、悪いふりをしている」とか。
「女性にモテない」と言ってるが「本当にもてない」んだとか。
「歌は上手なのだけど、わざと下手に歌っている」とか。
「足が短い」と言っているが、実は胴の方が長いのだとか。
暴露したら本が売れるかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年06月25日 05:45
べんさん、しあわせの種はいい本です。ほとんど語られていなかった、べんさんのルーツのようなことがたくさん書かれていました。あわせて、「女性」の記事も良かったしね。
ある意味、しあわせの種も、べんさん自身による暴露本のような感じでしたよ。