早乙女勝元さんから

日本にとっては終戦記念日でも、他の国にとっては解放記念日。
立場によって見方が変わる。
歴史は客観的に捉えないと笑いものだ。

8月10日、ふじみ野市で、早乙女勝元さんの講演会があった。
わたくしは仕事で参加できなかったが、なみきが出席。

早乙女さんに「しあわせの種」の本を渡してもらった。
すぐにお葉書が。
「べんさんのご本はステキです。とても感動的でした。大いに広まることを期待しています」だって。
読んでくれたのですね。
お忙しいと思うのに。
ありがたいです。
早乙女さんは視線が素晴らしいのです。

IMG_4902.JPG

今の時代に千部売るのは大変なことだそうです。
わたくしの本は2ヶ月で2刷りに。
自慢して良いみたいです。

ただ、これからが大変です。
年内に3刷りに。
ちょっと楽観的かな?
0

この記事へのコメント