帯広音鑑のコンサート

帯広。
15度。
埼玉と20度の差。
寒いくらいの帯広だが「なつぞら」満開。
どこでもスピッツが聴ける。
「ララララララララ」だ。

今朝は雨模様。
夕方にかけてかなりのあめになるらしい。
せっかくいいコンサートなのに参加者が少なかったら寂しい。

いろいろな歌を聴いていて、歌詞や曲にその作者の個性が現れるのだろうな、と感じている。
自己中な人、まわりを忖度する人。
上から目線の人。中から目線の人。斜め目線もある。
甘え上手な人。甘えさせるのが上手な人。
気がきく人、気が利かない人。
わがままな人、リーダー格の人、静かに笑っている人。

いろいろなタイプの人がいる。
その個性が歌の詩に表れてくる。
それが面白いかも。

旅の空き時間はカラオケの部屋で過ごすのが多くなった。
もう、カラオケのベテランだ。
もっとも部屋を使うだけだけどね。
午前中は極端に安い。
今、1時間半使って400円。
申し訳ない気がします。
カラオケはいいな!

さあ、今日は里帰りコンサート。
歌い始めの35年〜40年前に、なんども歌わせていただいた帯広音鑑のコンサート。
事務局長だった故西東さんに、言葉にできないほどお世話になった。
40年後の立派な姿を(笑)みていただかなくちゃ。

耳の肥えた人が多いので手を抜けないので、足を少しだけ抜こう。
足を使うカフォーンは少しだけにしよう。
行ってきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント