明日から旅です「竹田じょんころ雪まつり」No.108ほか

明日、能登半島の七尾で、3月7日のコンサートの交流会。久しぶりの七尾です。
6日、7日は、福井県坂井市丸岡町上竹田での「たけだじょんころ雪まつり」のリハーサル。そしてコンサートです。
丸岡町の市街地から10キロほど山に入ります。
500人ほどの竹田地域ですが、地域おこしを、村の青年団を中心に開催されています。
このお祭りには、4度目の出演です。
そして、残念ですが今年、第25回「たけだじょんころ雪まつり」が最後になるそうです。
ぼくは、15、17、19回、そして今回の出演になります。
4回も呼んでいただきました。
第一回の実行委員長を勤めた「鈴木和幸さん」が亡くなり、彼を偲んでの歌「かっちゃん」をぼくが作曲、感動的な17回のコンサートもありました。
今回も、この歌を大人達で歌います。そして子ども達とのジョイントコンサートも。
「じょんころ雪まつり」は、雪の中の花火、どんど焼き、子ども達による歌声「じょんころ節」などが催され、最盛期は1万人の人が村外から訪れたそうです。
今年の3月で竹田小中学校が廃校になります。そのこともきっかけになり、お祭りが中止になるそうです。
この竹田のある丸岡町は、一筆啓上「日本一短い手紙」、子ども歌舞伎で知られています。
その仕掛人が、文化振興事業団事務局長の大廻政成さん。そして「かっちゃん」の詩を書いたのも大廻さんです。
企画者として素晴らしい才能を持っています。
一度話を伺ったことがありまして、その膨大な夢に驚嘆したものです。
夢を語れる人には、勇気をもらいます。
「夢を語れる人」龍馬みたいです。
丸岡町には、そうした人が多い。
ぼくは、元気をもらってきます。
帰りは8日です。
宴会付きです。

2月6日福井のFBCラジオに生出演します。
「土曜スペシャル!オールリクエスト」のなかの14時50分からです。
福井近郊のかた、聴いてね!

2月7日「じょんころ雪まつり」の出演は12時20分~13時20分竹田小中学校です。

"明日から旅です「竹田じょんころ雪まつり」No.108ほか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント