ゲネプロ、ウェスタ川越で

本来ならば、1年前の今日、コンサートでした。
チェルノブイリの原発事故の日。
原発から数キロで被爆したナターシャ・グジーさんがゲストでした。
この日程は偶然でした。
それを知った時には鳥肌が立ちました。

今日は、ウェスタ川越のリハーサル室でゲネプロ。
通しリハーサル。
いろいろな問題、課題が見えます。

10時過ぎから4時まで、べんさんは歌いっぱなし。
べんさんが一番若いような気がします。
他の人は一つの楽器だけ。
べんさんは、歌って、ギターを弾いて、ハーモニカを吹いて、カホーンを鳴らし、歌と歌の間の語りも。
一人何役だろう。
それを5時間以上。
べんさんが一番若いのがわかるでしょう?
もう腰が痛くて立っていられない。
ね、いちばん若いでしょう。

サックスの川村さん、ギターの玉木さんの聴かせどころが満載。
みなさん喜んでくれるはず。

期待してね。
キャンセルと新たな申し込み、仕方がないとはいえ、滅入ります。
今日はへとへと。
明日からまた気合を入れて。
それにしても・・・。
お休みなさい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

とっくん
2021年04月27日 05:12
べんさん、腰がまだ痛いのですね。今の時期じゃゆっくり休んでと言う訳にもいかず、騙しだましの状態でしょうか。でも、ケアもしっかりしてね。
力尽きるのはまだはやい。
遊心
2021年04月27日 05:36
最近、私も腰痛がひどく、接骨院に通ったり、ステッキに頼ったりしています。
どうしても猫背になるので、年寄りじみて見え、我ながら情けない……。

べんさんの苦労もわかるようになりました。