NHKテキスト「資本論」

川合市長の当選のお祝い。
お連れ合いの由美子さんを囲んで、「大地の園」の会の人たちと昼食会。
川越第一ホテルのレストラン。
美味しい。お勧め。
ランチでコーヒー、デザート付き1500円。
べんさんはマグロ丼定食。新鮮で美味しかった。
駐車場はあるし、市内観光の方にはお勧め。
川越駅から徒歩5分。
ソプラノ歌手の伊藤ちえさんも一緒。楽しかった。


遊心さんから送ってもらっていた
NHKテキスト 100分で名著 「資本論」(斎藤幸平著)を読んだ。
100分では流石に無理だったけど、120分くらいかかった。

マルクスは言葉が面倒でなかなか読解できないけどこの本なら。
面白かった。

資本主義が大好きな人にも面白い読み物だと思う。
これまでの社会がどうしてこうなってきたのか。これからの社会がどうなっていくのか。
資本主義の宿命は一部の人が肥え太ること。
これは原発に似ているかも。
原発の利権で一部の人が肥え太る。
反対するものへの差別。
資本主義に反対するものへの差別に似ている。
そのうちに取り返しのつかない大事故になる。

アメリカで社会民主主義者のサンダースさんが支持を得るのがわかってくる。
さあ、21世紀はどうなっていくのか?
より豊かさとはなにか?
考えてみる価値がある。
その糸口になる本です。

2021年1月刊 NHK出版 580円(?)

IMG_6256.JPG

遊心さん、ありがとう。
マルクスの求めた自然への考えが、資本論には書かれなかった。
その理論は宮沢賢治が求めていたものと同じですね。

発表されていないマルクスの原稿を、今、世界のマルクス研究者がまとめているらしい。
全100巻になるとか。
資本論は3巻だからすごいね。
資本論は、言葉が面倒で読む気になれないもの。
いちいち、何を言いたいのか解読しなくてはならない。
わかりやすい解説本が欲しいのです。

とっくん、楽しかったよ。
子どもっていいなあ!
べんさん、もう一度、子育てしたくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

遊心
2021年03月25日 22:22
「100分で名著 資本論」、わかりやすくて面白いでしょう。
学生時代に岩波文庫で読んで、理解できず、すぐに古本屋行きに。
ずいぶん高く買ってくれた記憶があります(定価の7割くらい)。

当時、見栄を張って資本論を読むのが流行っていたのです。

べんさんが読んでくれて超うれしいです。

今、「100分de読む名著 災害を考える」にもハマっています。
今週は「14歳からの哲学 生きる意味を問い直す」。
テレビの放映は終わりましたが、この本もお勧めです。

たけ
2021年03月26日 02:06
斉藤幸平さんの100分de名著、わたしも録画して何度も繰り返して見ました。本家本元の資本論はとても私には読めないけど、エッセンスをわかりやすく伝えていました。
ほんとにすごい。
とっくん
2021年03月26日 05:31
べんさん、僕もこの本を読みました。そして、著者の斎藤幸平さんの「人新生の『資本論』」も続けて読みました。
環境問題と資本主義の問題が描かれていて、今まで漠然と疑問に思っていたことが「こういうことか」と少しわかったような気がしました。

遊心さん、たけさん、「100分de名著」は、難しいことが割と優しい言葉で書いてありますね。