銀行にて

とっくん、そうそう「子の声が 会議に流れ 照れワーク」だった。
あれは傑作だよ。

遊心さん、きっと本は気に入ってもらえると思ったんだ。
ゆっくり読んでください。

「べんさんですか?」
今日地元の銀行で。
通帳の印鑑が分からなくなって、変更に。
1億円のお金が引き出せない。困った。
(えーと、見栄をはっています。どうせなら100億円にすればいいのだけど、100億円なんて見たことがない)。

子どもさんの保育園で歌を聞いてくれていたそう。
身なりをきちんとするのだった。
アルマーニのマスクとかさ!
マスクをしているから誰だか分からないと思ったのだ。

一歩家を出る時はちゃんとしないと。
パジャマで街を歩いてはいけない。

銀行で3時間近く待たされて、やっと印鑑の変更を。
昔なら通帳に印鑑を押してあったのだ。
今は、防犯上なのか、めんどうだねえ。

銀行で待たされている間、曲集本の曲順を考えた。
いい案が浮かんだ。
べんさんは、流石にアイディアマン。

表紙は「母子手帳」のデザインをいただくというのはいかが?
「息子手帳」なんて楽しそう。

考えるのが、楽しい。
また、頭が・・・。

しんきろうさん。
また、暴言。
あの方は根っから暴君なのだ。
オリンピックはこれでいよいよ難しくなった。

CDの感想。
「コロナだから、今回のCDは楽しい」
そうか、何気なく選曲したけど、楽しさを狙ってCDだった。
べんさん、さすが!

ちょっと自分を褒めすぎ!
練習しているのです。
今日で328枚。
1000枚へ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

とっくん
2021年02月05日 22:12
べんさん、銀行で3時間も待たされたの?それは大変だね。印鑑の変更なんて、すぐだと思うのだけど。めんどうだねえ。
冗談めかしているけど、本当に100億円入っているから、本人確認に時間がかかったんじゃないの?
遊心
2021年02月06日 10:50

とっくんの入選川柳、うまい!

私の落選したのは、こんな句でした。

 森会長 謙虚に受けて 辞任せず
 森会長「あなたはどう思う」逆質問
 暴言が「邪魔なら掃いて」と無自覚

ついでに、これは絶対入選と自信を持って投稿したのが、これ。
宇都宮市民の代弁です。

 浜松に 首位を奪われ ヤケ餃子

これで落選だから、なかなか難しい。

べんさんのブログをよんで、こんな句を考えてみました。

 しんきろう あるよなないよな 存在だ

しかし、これではユーモアがないからダメでしょうね。
投稿は見合わせ。

ちなみに、しんきろう氏、実は私が住んでいる町の隣の町の選出代議士だったのです。我が町は平成の大合併で名前が変わりましたが、同じ市に。一つの市に三つの図書館があるという大盤振る舞い。

インターネットで「たかはしべん」で市内の図書検索をしてみたが、ヒットなし。近隣の図書館で検索すると、「たかはしべん」でなんと1件ヒット!
本の名を見ると何故か「ピーマンの絵本」という絵本らしい。
編集者が「たかはしへん」という人だった(笑)。

べんさん、私も先日、銀行でトラブりました。
長い間、放ってあった銀行通帳の記帳をしようと思ったら、磁気が薄れているとかで、銀行員の助けを借りる始末です。キャッシュカードを出したり、パスワードを入力したり、10ステップくらいの大変な操作です。小まめに記帳しないと、こういうことになるらしいです。皆さんも、ご注意を!

時間を食ったので、事務所への代金送金を忘れてしまい、今日は土曜日なので、送金は来週になります。申し訳ありません。もしかしたら、なにか別の方法でプレゼントと共に一緒に送るかもしれません。お楽しみに!

さて、長くなるのでこの辺で止めないといけないのだが、お金のことで一講釈を。

百万円の札束を仮に1cmとすると(実際に計測したことがなので、あくまで近似値です)、1億円はその100倍で、100cm=1m、ですから100億円は
その100倍の100mの高さになります。1枚ずつ横に並べると、1枚が16cm=0.16cm(これは実測値)だから、

1億円は1.6x10^5x100=1.6x10^7m=16,000km

100億円はその100倍だから
1.6x10^7x100=1.6x10^9m=1.6x10^6=160万km

地球の外周は4万kmですから、
160万割る4万で、なんと40周という巨大な数になります!

どこかに計算ミスがあるかも知れませんが、どなたか検証してみてください。

最近、「しあわせの種を」をトイレに持ち込んで、便秘と格闘しながら、べんさんの本を読んでいます(笑)。べんさん、すみません。

トイレが終わって手を洗い、テーブルにもどり、べんさんの本を読もうと思ったら、その本が見あたらない。アレっと思ってトイレに戻ったが、やはり無い。摩訶不思議な事件になりましたが、結局、洗面台の横で無事発見しました(爆笑)。

そういえば、昔、自転車通勤をしていて、「べんクリニック」という看板を見つけ、ビックリしたことがあります。どうしても気になり、後で電話をしたら、べんとは大便、小便の便ではなく、院長先生のお名前「卞」と言う見慣れない名前でした。

このブログ内サイト機能を使って検索してみてください。
2009年3月22日に「コメントへのコメント」でべんさんが取り上げています。

この頃は、コメント欄が大勢で賑わっていましたね。
懐かしいフミさんのコメントも連日のように……………(涙)
なんだか湿っぽいコメントになりましたが、お許しください。