川越パントリーで歌

川越パントリーの応援でミニコンサート。
川越市内の本応寺。
2ヶ月に一度、このお寺で。
代表の圓岡さん、JUNホールのますみさんからのお誘い。
ボランティアで参加している人とも仲良しに。

企業から受けている物資を、生活困窮家庭に無料で配布している、
20日ぶりの実戦。あれ?スポーツではないか!

お客さんがいると、テンションがあがる。
不思議だね。40年歌っていると、どんな状況にあっても、お客さんの前に立つとシャキッとする。
大ベテランなので(笑)自然体で対応できるようになった。
問題は、お笑いになってしまうこと。
笑わせるのが楽しいんだよね。
べんさんはお笑いにいった方が良かったかしら。

でも、今日は声もちゃんと出ました。
なにしろ「ラバンバ」から歌ったのです。
お寺の境内なので、ちょっと雰囲気を変えたかった。
「こんな時こそ歌の力で」「しあわせの種」「深き大地」「じなおまい」「星めぐりの歌」など。たくさん歌った。
圓岡さんも歌ったよ。

IMG_0960.jpg

IMG_0962.jpg


5月3日の宣伝も。
チケットの予約2枚ありました。
そろそろ追加販売をしていきたいのです。
今チケット販売は800枚。
コロナ対策で会場の半数として850名。
5月になればもう少しは増やせるように思う。

川越の市民運動に参加できるのはうれしい。

境内で小さな焚き火を。
火を見るのはいいね。
火事は嫌だけど。
マシュマロを焼いて食べた。
これは美味しい。
新しい発見。
バナナを焼いていたが、これはいまいちだった。
何しに行ったんだ?

ひとまず「作品集」のDTPでの制作をお願いした。
イラストのお願いも。
文章が「しあわせの種」とダブってしまっているのを、これから書き直し。
まだまだ、厳しい暮らしは続きそう。

2月21日の日曜日は14時からウエスタ川越の小ホールで5月3日の歌と手話の練習。
こんな時期なので、来られる人だけで。
感染予防を万全にして、歌うのは自粛、手話だけになるかな?
べんさんの歌、ピアノの井口さんの演奏もあります。
おでかけできそうな人はぜひ。
「せかいじゅうの海が」と「しあわせの種」の手話(手歌)をみんなで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とっくん
2021年02月20日 07:45
べんさん、お寺で演奏なんて素敵なロケーションですね。木魚でリズムを刻んだら格好いいかも。