石川文洋さんから力を

ここのところ何年も自分の目標とする人が見つからなくて寂しい思いをしていた。
お金を集める人はいても、人の心を集める人はなかなかいない。

報道写真家の石川文洋さんから手紙と書籍を頂いた。
「そうだ、石川文洋さんがいた!」
いま82歳。

IMG_6196.JPG

IMG_6195.JPG


1冊目「80歳の列島あるき旅」は北海道から沖縄まで3500キロを歩き通してカメラに収めた。その写真展が昨年開催されていた。行きたかったのですが、コロナで諦めていました。その写真展のための本。非売品のようです。

もう一冊は「ベトナム戦争と沖縄」(榕樹書林 1430円)。
沖縄とベトナムは文洋さんの原点です。
これから読ませていただきます。

それにしても80歳、心筋梗塞を乗り越えての旅。
これこそ、べんさんの目標です。
いのちのある限り前に向かって歩く。
そのエネルギーをもらいました。
早速、礼状をかかねば。
自分らしく、新しい冒険をする。
これから先、楽しみになってきました。
コロナに負けてはいられない。
文洋さん、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とっくん
2021年02月16日 10:00
べんさん、人生の目標となる方が現役で、しかも文字通り「歩いている姿」を見るのは勇気をもらえますね。
遊心
2021年02月16日 21:55
べんさんブログコメント2021/02/16
石川文洋さんが、まだ現役!

石川文洋さん!
いやあ、懐かしい名前です。
失礼ながら、とっくに鬼籍にと思っていました。
そう言えば、朝日新聞の辣腕記者だった本田勝一の喪報もきいていない。
きっとまだ元気なんだ。もう90をこえているのでは…………。

うーん、べんさん世代のわれわれは、まだ若輩者なのだ。

ところで、イーハトーブ賞の件ですが、自己推薦は規約でダメのようです。
やはり他薦です。今年は頑張りどころですね。