ミニSDカードがUSBステックに

一昨日のイベントのことを思っている。
ベースの森田正治さんは40年の付き合い。
私がミスってもついてきてくれる。
野外のステージは、当日にならないと、どんなお客さんが聴いてくれるかわからない。
お客さんによって、曲目を突然変えたりする。
ついてこられる人が必要になる。

そうした意味でも大変助かっている。
ピアノの井口さんとも、もう20年以上の付き合い。
大体の曲は、突然でもついてきてもらえる。
間奏が長くなったり、短くなったり、ライブでは日常茶飯事だ。
1番だけだったり、2番3番も歌ったり歌わなかったり。

本当は、どんな時も同じがいいのだけどね。
べんさんはお客さんに忖度するからね。

ミニSDカードをネットで買い求めた。
32Gバイトで千円ほど。
信じられないほど安くなった。

ところでそのミニSDカード。
あまりにもミニなので保存が難しい。
すぐに見失ってしまう。

今回のミニSDカードに驚いた。
USBステックに収納できて、SUBジャックで使用できるのだ。
この話、わかるかな?
写真を。(みんな知ってる?)

image.jpeg

IMG_6012.JPG


これからもどんどん進化していくのだろうね。
よく考えるねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年10月21日 05:27
べんさん、べんさんのお客さんたちも、長い間のファンが多いから、大体の人が曲の変化に「ついてきている」から大丈夫だよ!
べんさんの歌い間違いをコピーする人もいるくらいだからね。

それにしても、そのミニSD&USBジャック、便利だね。探してみよう。