10月18日、川越クレアパークで歌います。

とっくん、ロックの衰退というか、停滞だな。これ以上新しいものが生まれないということだ。

今のロックは、これまでの先人たちが築き上げたレールの上を歩いているだけになってきた。
一時代の音楽を楽しんでいるということかな。
ナツメロみたい。
ナツメロが悪いという意味ではない。
平たく言えば、クラッシックになったということ。

若者は新しい世界を模索するもの。
それがロックでは、終わってしまったような気がする。

小林亜星さんが言っていた。
「ビートルズで音楽は終わった」と。
この意味も、考えている。

ワールドミュージックも大きな動きがない。

これからの音楽は、例えばロックと日本音楽の融合だな。
若い人たちがはじめているけど、まだ決定的なインパクトがない。
若者たちに大きな支持を受けない。
和楽器を使ったロックが大ヒットする日を夢見ている。


10月18日(日)川越のクレアパークで歌います。(雨天中止)
14時15分から、30分ほど。ベース森田正治さん

『アースディ川越in昭和の町2020』の企画の中の「川越パントリーの広場」です。お祭りなので、いろいろな出店もあります。遊びに来てください。
ステージは11時から始まってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年10月16日 20:02
べんさん、なるほど、ロックは停滞してしまっているのか・・・「和楽器バンド」というバンドがすでに日本にあるけど、そういうのはどうかしら?
いもこ
2020年10月17日 10:59
てるてる坊主を作りました。

まず前日に吊るす
晴れて欲しい時は
顔は描かない
東側の軒下 物干し竿に

てるてる坊主おかげで晴れた時は
顔を描いて
感謝を込めて処分する
丁寧にする時は
顔を描いて神様にお供えして
お酒と一緒に川に流す。
と書いてました。

あーした天気になーれ。

吊るす時に
てるてる坊主の歌を歌いながら。