精神疾患のMくん

とっくん、人間関係が希薄になってきた社会に危機感を抱いて始まったのがシェアーハウスかもしれない。
べんさんも、これから考えなくては。

来年の5月のコンサートに向けてPVを作るために、所沢市小手指の「サウンドショット」に打ち合わせに。
久しぶり。
以前のスタジオは退去し、他のスペースで。
ライブのできるスタジオ。
4〜5月はコロナで休業していた。
どこも大変そうです。

IMG_5973.JPG

IMG_5972.JPG

ここで、録画、録音。
録音はいつもの駒宮さん。
わたくしの音楽を知ってくれているので話が早い。

ワイヤレスの話になった。
今使っているワイヤレスが2022年11月30日までしか使えない。
まあ、よく考えれば、あと2年使える。
電波法の関係。
20年ほど使用しているワイヤレスだから仕方がない。
買い替えは出費が痛い。


20年ほど前に知り合った、べんさんのファンの男性が病院で亡くなった。
Mくん。

詳細はわからないのだけど、てんかんの病気を持っていて、その発作なのか、人に暴力を振るってしまう。
親御さんが精神的疾患の施設に入院させた。
そこで20年あまり暮らし、最近亡くなったと、彼の友人が手紙で知らせてくれた。
面会に行きたかったけど、制約があるようで、叶わなかった。
精神的疾患の難しさです。
何とも言えない気分です。

やはり20年以上前にアメリカの精神疾患のグループと交流したことがある。
彼らはやけに明るかった。
日本のように隔離されてしまう状況ではないみたい。
日本の精神疾患の人たちは、いまだに闇に中にいる。
人権を無視されている。
どこかでこの状況を変えていかないと。

やっぱり総理大臣になるしかない、かな?
いやだけど、仕方がない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年09月19日 14:31
べんさん、いろいろなことが起きますね。悲しいことの方が多いかな・・・
この世の中はどうやったら変えられるのでしょう。
日本という国に生まれた幸せ。日本という国に生まれた不幸。考えさせられます。