「羽鳥モーニングショー」に学ぶ

テレ朝の「羽鳥〜」。 新型コロナウイルス報道では、ダントツの番組だった。 しかしながら3ヶ月も同じような構成で視聴者は若干辟易してきている。 そこでだ、最近は番組のしょっぱな、動物の映像や各地の事故の映像を見せて、関心を引かせ、そこからコロナに入っていく。 なるほどです。 よく、最初の掴みというけど。 先日のNH…
コメント:1

続きを読むread more

NHKさいたまFM ラジオの感想

梅雨明けは8月5日頃とか。 40度の暑さというのがないのは嬉しいのだけど、作物は? 7月27日のNHKさいたまFM放送の聴き逃しは8月5日まで。 恥ずかしい話まで、なんでも話してしまうべんさん、人生、恥ずかしいことばかりで寅さんみたい。 大好きな渥美清さん、高倉健さん、お二人とも、一生をそれぞれに「渥美清」「高倉健」を演じて…
コメント:0

続きを読むread more

全国子ども劇場おやこ劇場リモート会議

山形の最上川氾濫、大変なことに。 なんと言っていいか。 支援を。 一昨日のNHKさいたまFMの聴き逃し配信です。 今日から8月3日までの配信のようです。 お早めに。 下記のサイトをクリックすると聴き逃しの画面になります! https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.htm…
コメント:1

続きを読むread more

「税所篤快さん」の本「未来の学校のつくりかた」

「しあわせの種」で紹介している「税所篤快さん」が新しい本を出版。 「未来の学校のつくりかた」教育開発研究所刊。 ―ぼくが5つの教育現場を訪ねて考えたことー 読みました。 寝る前に。 そして早朝。 寝不足。 でも、面白かった。 1800円+税 若い人に希望を持てない方にぜひ読んでいただきたい。 自分たちも、若い…
コメント:0

続きを読むread more

メルカリで

感染の拡大が止まらない。 検査を多くした方がいいと、みなさん言っているけど、どうにも、どこかでストップさせられている。 誰が止めているのか誰にもわからない。 不思議な日本。 とっくん、べんさん、忙しいのだけど、誰が忙しくしているのか誰にもわからない。それでも、なんだか忙しい。 不思議な事務所。 「しあわせの種」で…
コメント:0

続きを読むread more

忙しい1日。タレントみたい。

コロナが猛威を振るう前兆に思えます。 みなさん、お体を大切に。 今日は、最近にない忙しい日。 午前11時から30分「天の園」「大地の園」の事務所開所式で。 そして13時30分から「たかはしべんコンサート」。 新曲、このイベントのために創作した「約束・ふゆちゃん」と今井れいさんの詩を歌った「天の園に」。評判は良かったようです…
コメント:1

続きを読むread more

爺ちゃんが生きてたら!

とっくん、いもこさん、ありがとうね。 年齢を重ねるごとに、新しい体の変化、これまでになかった頃が起きている。 これは面白い。 記録しておくべきだ。 しかし、ここに書くのは恥ずかしい。 たくさん生きてきた。 今の年齢が、信じられない。 心持ちは30代だ。 変なの! 自分の年齢を考えてみて驚いた。 わたくしが生ま…
コメント:1

続きを読むread more

27日は忙しい。歌手みたい!

とっくん、「しあわせの種」は、今の時代では地味みたい。 もっと人を驚かすタイトルでないと。 例えばさ、「『しあわせの種』を歌う不幸な歌手の物語」とか。 「しあわせの種」を歌う、一番しあわせが欲しい歌手」とか。 「しあわせの種」を撒く前に自分で食べちゃう歌手」 「いつかは売れるとみんなに言われているのに、どこにもみんながいない歌…
コメント:2

続きを読むread more

小説を書いてみたい 

ふのっちさんから名古屋、徳林寺のベトナムの人たちの報道です。(東海テレビ)。 べん事務所「地球エイド」からもお金をお送りしました。 少しずつですが、帰国できているようです。 徳林寺さんのような活動が大切な平和活動です。 https://locipo.jp/article/09b81dfe-097c-441a-a15c-9…
コメント:1

続きを読むread more

ハックル・ベリーの冒険について

新型コロナウイルスの影響がまた大きくなった。 さて・・どうしよう?ですね。 マーク・トウェインの書いた「トム・ソーヤの冒険」を読んで、この本より評価の高い「ハックル・ベリーの冒険」を急ぎ読んでみた。 訳者 あとがき から トーマス・エジソンの言葉 『アンメリカ人は家族を愛する。家族以外にむける愛情が残っ…
コメント:1

続きを読むread more

たかはしべんの40年を一言で!

いもこさん、たけさん、とっくん、ありがとう。 ネットで聴けるのかしら。 調べてみましょう。 フィンランドに住む日本の女性が書いた本を読んでいたら、孫の面倒を見るのは「自分自身の子育ての“おさらい“のようだ」と書いてあった。 新型コロナウイルスで、4月から3ヶ月以上の時間、わたくしは40年の音楽活動の「おさらい」をして…
コメント:0

続きを読むread more

速報、7月27日午後6時からNHKさいたまFMに生出演!

とっくん、常識を覆すのは面白い。 ドラマを観ていても、予想を裏切る結末が好き。 海外を旅する喜び、違う常識に出会うこと。 ヨーロッパの都市だったか、ストリートミュージシャンがスツールにダンボールを貼って、それをドラムのスティック(ブラシ)で叩いてリズムを刻んでいた。 チェロをベースがわりに弾く人もいた。 ストリートにア…
コメント:6

続きを読むread more

トム・ソーヤ/マーク・トウエイン

病院の経営が悪化している。 17%低下とか。 大変だと思うけど。 難しいね。 飲食業、観光業の人たちは90%の減収だ。 わたくしたち文化関係の人たちは100%近く減収だ。 こうした事態が発生すると、社会の矛盾が露呈する。 収入の全くない人、10%減って苦しいという人。 ニュースを聞きながら、苦笑いする。 収入をあか…
コメント:1

続きを読むread more

創作するということ

三浦春馬さんの自死。 尾崎豊さんと重なってしまう。 ピンで立っている人は(自分の名前で舞台に立つ人)、そうした怖さを抱えて生きている。 人ごとではない。 孤独で生きると誰にもありそうな気がします。 家族や友人の支えが大切。 一番大切なのは家族かも知れない。 報道によると複雑な家族のような。 創作活動は、自分の内面…
コメント:1

続きを読むread more

「ひとりぼっちのブランコ」

夜中に神のお告げ(冗談)。 かって創った曲「ブランコ」を歌うのが望ましい、とのお告げ。 コンサートでは一度も歌ったことがない。多分。 CDのみだと思う。 ギター1本で歌えるように編曲。 歌詞も見直した。 今の時代にぴったりのような気がします。 タイトルも変えました。 どうかしら? 「ひとりぼっちのブランコ」 …
コメント:1

続きを読むread more

騙されているのかしら、ねぇ

「初回限定、三千円のところ今なら千円で」 といったようなテレビCM。 何ヶ月も送られてくると苦情が。 お試しじゃなくて、「初回限定」なのだ。 思わず騙される。 というか、騙してないのだろうな。 「初回限定」って言ってるもの。 こいいったコマーシャルをしている通販会社は信用しない方がいい。 本当に多いから気をつけな…
コメント:1

続きを読むread more

延期になったコンサート

とっくんありがとう。 昨日は「JUNホール」の運営の集いに出てもらって。 伊澤さん、この時期は、人が集まるのは難しいね。 でも、やるかやらないか、ずいぶん話し合ったようで、その話し合いが、これからの力になる、そう信じてます。 延期なので、秋以降に。 このところ、創作モードに入っています。 この時間が大切。降って湧…
コメント:1

続きを読むread more

大津おやこ劇場公演延期に

札幌のいとこが「息子に」Tシャツを着て、路上食品販売の車に。 「べんさんのTシャツですか?」と訪ねられた。 奇跡のような出会い。 なんと言ってもこのTシャツ、全国で二千枚くらいしか販売していないからね。 奇跡のような出会い。 もう一つ。 ハードオフで「息子に/おかしなお菓子」のCDを買ったという葉書が。 サイン入りだっ…
コメント:2

続きを読むread more

創作曲集?

とっくん、本当に安倍さんは「ゴートー」と言った。 ちゃんと聞いたもんね。 今の政権は、ぐちゃぐちゃ。 指揮系統がわからない。 安倍さんは「GOTO」に反対だったのかね。 なので「ゴートー」と言ったのかね。 お金を強盗。 わからん。 べんさん、年齢を重ねてきた。 偉そうだけど、わたくしは人の上に立ちたいという意欲…
コメント:1

続きを読むread more

どんな仕事をしようかな?

GOTOキャンペーンなんて誰が考え出したのだろう? 安倍さんだって自虐的に「ゴートーキャンペーン」と言っていた。 一度決めたことを覆すというのは沽券に関わる。 なにしろ今年になって、もう2度もしている。 3度目はできないというのだろうな。 一度決まったことは、間違っていると気がついてもやってしまうのがお国の仕事だ。 日本…
コメント:1

続きを読むread more

自粛は続く

桑山静子さんのお通夜に。 かつて市会議員だったので、市長さんも。 遺影は元気な頃の写真。 ご家族が選んだのでしょう。 「何歳の頃の写真だろう?」 「自分の遺影に選ぶとしたらいつの頃の写真がいいかしら?」 ふと、思った。 ふと、思っただけ。 ひと雨ごとに家の周りの雑草がぐんぐん伸びる。 いくら抜いてもひと雨ごとに…
コメント:2

続きを読むread more

桑山さんと『ただそれだけの」

わが母親は、亡くなってから事務所でなみきともりたに、毎日仏壇に花を上げてもらっている。喜んでいると思う。 なにしろ生きているうちでさえ、一度も花なんて上げてもらわなかったから。お線香だって。 とっくん、「ぼくはイエローで ホワイトで、ちょっとブルー」は平積みになっているのですか? 知らなかった。 自粛中なので、お外のことは・…
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくはイエローで ホワイトで、ちょっとブルー」を読んだ

いけない、日をまたいだ。 志木おやこ劇場の機関紙で紹介されていた本「ぼくはイエローで ホワイトで、 ちょっとブルー」ブレイディみかこ著 を一気に読んだ。 昨日アマゾンで注文今日のお昼には届いた。 面白い。 結構ショックをうける話。 帯の文「一生モノの課題図書」ではないけど、読んでいて歴史的名著「君たちはどう生きるか」吉野…
コメント:1

続きを読むread more

志木おやこ劇場の機関紙から1

昨日の松本ひろさん、は松元ヒロさんでした。 どうも変だなと思ったんだ。 志木おやこ劇場の機関紙がいい! べんさんのことを書いてくれている秋元節子さんの文章が、またいい! ここに転載させていただきます。 >『しあわせの種』 著:たかはしべん べんさんの音楽活動25周年の時に創られた未来のおじいさん べんさん人形…
コメント:1

続きを読むread more

これからのコンサートのために自粛生活

とっくんと出会ったのは沖縄だったね。 あれからもう20年以上かな? たくましいお父さん「とっくん」に感激します。 令和という年号、どうも水っぽく感じます。 個人的な感想ですが。 子どもへの虐待のニュース。 胸が痛む。 なんとかならないのか、この社会。 「小さき声」の歌を。 3ヶ月のスティホーム。 その間、…
コメント:2

続きを読むread more

柳川の学童保育室通信

この年齢になってマニキュアを。 キラキラ光ってなかなかいい爪の色です。 右手の人差し指、中指、薬指だけ。 (薬指の語源はよくわからないのですね。薬を混ぜる指からとも) 爪の強化のため。 この3ヶ月ほど使い続けて、日常生活で痛めている爪がしっかりしてきた。 ギターを弾くのに支障がなくなった。 もっと早くにマニキュアを使う…
コメント:1

続きを読むread more

豪雨、心配です

昨日は七夕だ。 お空が見えないので、七夕らしくなかった。 いかん、お空は見えたのだが、星が見えなかったのだった。 静岡の保育園で七夕飾りを見ました。 季節の行事はいいね。 「笹の葉サラサラ・・・」たなばたさま とっくん、テレビでニュースを観ると、身に迫ってきます。 雨が降らなくて困っている国もあるというのに。 今日は…
コメント:0

続きを読むread more

階段が怖い

七夕だ。 お空が見えないので、七夕らしくない。 静岡の保育園で七夕飾りを見ました。 季節の行事はいいね。 とっくん、テレビでニュースを観ると、身に迫ってきます。 雨が降らなくて困っている国もあるというのに。 コロナ禍で「経済を回す」 この言葉、不愉快だな。 上から目線だ。 大企業目線だ。 わたくしから言わせる…
コメント:1

続きを読むread more

徳林寺からお手紙

まだまだ雨が。 どこまでなのでしょう。 これだけ科学が進んでも、台風や豪雨を消滅することができないのだね。 「グスコーブドリの伝記」はそんな話ではなかったかしらね。 あれは火山でしたか。 愛知県の徳林寺からお手紙が。 ベトナムの方々への募金のお礼でした。 お礼も領収書も入りません、とお話していたのですが。 でも、…
コメント:2

続きを読むread more

地球は誰のもの?

熊本、鹿児島の被害が。 映像を見るとその衝撃が。 コロナと災害。 お見舞いする言葉も見つからない。 自分のことに捉えるとどうしていいかわからないだろう。 家を失い、思い出の品も失う。 未来を思う。 私の短い人生でもたくさんの災害を体験した。 阪神淡路大震災、東日本大震災、冷害による米騒動、この数年の豪雨、猛暑。 …
コメント:1

続きを読むread more

豪雨災害、地球環境が。

南九州で豪雨。 鹿児島、熊本が大変な被害。 お見舞いします。 予想した100年に一度の災害が毎年起きる。 当たって欲しくない予感が当たった。 まだ、被害の全容がわからない。 何か支援できることは? スウェーデンのグレタさんの言葉に世界中が耳を傾けないと。 環境破壊が、取り返しがつかなくなっているような。 「コロナ禍…
コメント:2

続きを読むread more

みらい保育園で。

とっくんじゃないけど、水をえすぎたべんさん。 びしょびしょの搬入。 2日は快晴だ。 嵐と快晴。 べんさんは、嵐を呼ぶのです。 みらい保育園のコンサート。 たけさん、ふのっちさん、忘れていた感覚を思い出しました。 どこの創造団体も同じだろうな。 べんさんは早くに復帰できました。 7月の…
コメント:2

続きを読むread more

静岡から帰りました。

3ヶ月ぶりの公演。 1日目は疲労が多かったけど、2日目は少し楽になった。 搬入から仕込み、公演、片付けと搬出。 のべ4〜5時間の労働。 会社で働いている人から見れば、申し訳ない短い時間。 保育園に迷惑がかかると困るので書きませんが、東京圏と、地方都市との温度差を感じます。 保育園の子ども達はマスクでのコンサートです。…
コメント:0

続きを読むread more

駿河の若草保育園で公演

午前10時30分から45分間の公演。 駿河の若草保育園。 久しぶりに可愛い子ども達と歌った。 マスクをしているけど、なんのその。 保育園は保護者の要望もあるのだろうけど、1日も休んでいないらしい。 保育園での集団感染は、どこでも聞いたことがない。 子ども達は、特別な免疫を持っているのかしらね。 べんさん…
コメント:2

続きを読むread more

静岡市に

7月になった。 もう7時間も過ぎた。 早いものです。 静岡県静岡市清水区に。 お外は雨。 昨夜は台風並みの風と雨。 久しぶりに県外に。 170キロ走って。 4月9日以来、長距離は初めて。 燃料だって1度しか入れなかった。 清水区はかつて清水市と言った。 私達には清水の次郎長、サーカーの清水市で有名。 どうして…
コメント:0

続きを読むread more