階段が怖い

七夕だ。
お空が見えないので、七夕らしくない。
静岡の保育園で七夕飾りを見ました。
季節の行事はいいね。

とっくん、テレビでニュースを観ると、身に迫ってきます。
雨が降らなくて困っている国もあるというのに。

コロナ禍で「経済を回す」
この言葉、不愉快だな。
上から目線だ。
大企業目線だ。
わたくしから言わせると、「働かなければ暮らしていけないから」なのだ。


家を事務所にしてもう10年。
長所と短所を感じます。
物が一か所にある便利さ、社会的な活動が減る弱さ。

第一、外出着がいらなくなったのと、カバン、バックを使わなくなった。
寂しいような。

創作活動には、時間が自由に使えるので便利なのですが。
「嬉し悲し」です。
一喜一憂、泣き笑い、痛し痒し、悲喜こもごも。
日本にはいろいろな言葉があるね。

事務所は家の2階。
階段を登ったり降りたり。
降りるのが怖くなった。
で、階段は登るだけにします。
「降りるのはどうする?」って。
降りる時は・・・飛び降ります。

今日の教訓。
「下へ降りる時の階段は、足元を見るから怖い。目先を上にあげれば大丈夫」
その方が、もっと怖いかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年07月08日 08:37
べんさん、確かに、階段は下りが怖い。
歩くリハビリしたことがあったのだけど、まずは、登りよりも下りを練習しました。
下りが怖いという、カイダン話でした。