地球は誰のもの?

熊本、鹿児島の被害が。
映像を見るとその衝撃が。
コロナと災害。
お見舞いする言葉も見つからない。
自分のことに捉えるとどうしていいかわからないだろう。
家を失い、思い出の品も失う。

未来を思う。

私の短い人生でもたくさんの災害を体験した。
阪神淡路大震災、東日本大震災、冷害による米騒動、この数年の豪雨、猛暑。
それぞれに50年、100年、1000年に一度と言われる災害だった。

ふのっちさんおすすめの「父は空 母は大地―インディアンからの手紙」を読みました。
1854年、アメリカの大統領が先住民の土地を買収、先住民は居留地を与えられ、故郷をさる。
先住民の首長が大統領に宛てた手紙の絵本。

「土地は誰のものでもない」
私もずっとその思いに囚われている。
土地は私有できないものなのだ、と。
いつの日か、地球に返さなければいけないものだと。
傲慢な人類は、今こそ先祖から学ばなければいけない。

そう思いながら怠惰な毎日をおくる自分に反省。
みなさんがどきっとするような歌を作ることができないかしら。
力を貸してください。
いい本、いい映画を紹介してください。
それと、いい人も!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ふのっち
2020年07月07日 23:27
「父は空 母は大地 〜インディアンからの手紙〜」べんさんの朗読でぜひ聴いてみたいです。この絵本、ブルーベリー畑の小屋に置いてあって、先日、畑に来て下さった方と一緒に、読み合いをしました。

竹で作ったレインスティックを、子どもがナイスタイミングでBGMを奏でてくれ、心に残る時間となりました。