「税所篤快さん」の本「未来の学校のつくりかた」

「しあわせの種」で紹介している「税所篤快さん」が新しい本を出版。
「未来の学校のつくりかた」教育開発研究所刊。
―ぼくが5つの教育現場を訪ねて考えたことー

読みました。
寝る前に。
そして早朝。
寝不足。
でも、面白かった。
1800円+税

若い人に希望を持てない方にぜひ読んでいただきたい。
自分たちも、若い時代を真剣に生きてきたように、いまの若い人も真剣に生きています。
「みんなの学校」「杉並の地域づくり、学校づくり」「N高の挑戦」「侍学園という希望」「大槌の教育復興」の5章に。

先生達も生徒達も、学びの中で成長する。
「先生も」です。
2020年のコロナ禍を暗示するような、ネット授業の「通信制高校」の話。
通信制を学校に行けない子どもの学校ではなく、望んで通信制を選ぶ学校にしていく取り組み。
入学式で、「世界で一番貧しい大統領」といわれる前ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカさんのネットでの特別来賓祝辞。
森村誠一さんの講座などユニーク。
みんな揃って学校に行き、みんなで学ぶ時代の終焉かも。
これまでの価値観を問い直す時代です。

そう考えながら、思う。
これまで、多くの先駆者がいたことを。
子ども劇場やおやこ劇場の人たち、わたくしが出会ってきた「しあわせの種」で紹介した人たち、いま、わたくしを応援し、支えてくれる人たち、みなさん、新しい時代の生き方を模索してきた人たちです。
その、新しい生き方がコロナ禍によって炙り出されてきた。
「わたくし達の生き方は正しかった」と自信を持っていいのです。

5つの教育現場の話。
読んでいて、様々な思いに囚われました。
ぜひ、お読みください。
これからの時代を示唆する教育現場のすぐれたルポです。
私たちの生き方の参考になる書です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント