「ぼくはイエローで ホワイトで、ちょっとブルー」を読んだ

いけない、日をまたいだ。
志木おやこ劇場の機関紙で紹介されていた本「ぼくはイエローで ホワイトで、
ちょっとブルー」ブレイディみかこ著 を一気に読んだ。
昨日アマゾンで注文今日のお昼には届いた。

面白い。
結構ショックをうける話。
帯の文「一生モノの課題図書」ではないけど、読んでいて歴史的名著「君たちはどう生きるか」吉野源三郎著を思い出した。
アメリカから発した黒人差別の本質を考えさせられる本。
すべての子ども達に読んでもらいたい。
朝日新聞に書かれた、この本の著者、ブレイディみかこさんの文章も志木おやこ劇場で紹介している。
学び合うおやこ劇場に感激。
一気に読める本。
ぜひ。


IMG_5909.JPG

IMG_5907.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年07月12日 08:47
べんさん、本屋さんに行くと、平積みにされている本ですね。
気になっていたけど、まだ読んでないです。
それにしても、アマゾンのスピーディーさは凄いですね。