あのね通信34号の作成

「新型コロナウイルス」は「下ネタコロナウイルス」と聞こえてしまう。
わたくし変かしら?


アメリカの暴動。
アフリカ系アメリガ人が、白人の警察官に命を奪われた。
他の白人の警官が黒人の人たちとデモに参加とニュース。
こうしたところが、べんさんのアメリカが好きなところ。
暴動は悲しいけど、いかに差別が酷いかの証拠なのでしょう。
トランプさんの言動が火に油。
差別の根は深い。


土曜日から4日間かけて、ワードで機関紙を作る。いろいろわからないことが多くて苦労。
初めての挑戦。デジタルは進化している。
随分便利になった。
20年前はマックのソフトが使いやすかった。
無料だけど便利なソフトだった。
今はワードなんだね。
「あのね34号」B54ページ。
誰かに教えてもらったほうが早いのだけど、自分で調べたほうが覚えがいい。


いまの時期、文章を書くと「コロナ」ばかりになる。
暗い話。
みんな知っていることばかりで、つまらない記事になる。
かと言って、この2ヶ月は動きがないから単調になる。
難しい。

テレビのニュースで、若い人も2ヶ月間、ほとんど人と話さなかったとか。
大変だったのですね。
うちの事務所は、非難されるかもしれないけど、ずっと3人で仕事をしていました。
毎日話をしていたので、それほどの空虚感はなかった。
3人で仕事できる喜びでもある。
昨日の花火のニュースには感動しました。
人間って素晴らしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年06月03日 16:00
そうか、べん事務所は、3人で仕事していたのですね。3本の矢だ。
文字変換で言うと、「離す」 と 「話す」 では大違いですね。