JAZZ CHORUS S-77 のこと

女「怒ってる?
男「怒ってないよ」
女「怒っているでしょう?」
男「怒ってないよ」
女「本当は怒っているでしょう?」
男「さっきから怒ってないと言ってるだろう!」


アメリカのベンチャー企業がでワクチンを完成させたというニュース。
株価がどんと上がった。
本当にそうなら嬉しい。
世界で118社が開発に取り組んでいるとか。
新型コロナワクチンの話。
早く誰でも使えるワクチンができないかしら。

ローランドのギターアンプ。
JAZZ CHORUS S-77
JAZZ CHORUSの定番はS-120。
少し小さめが欲しくてこのサイズを購入。
確か1988年だった。

アメリカ大陸横断の際に購入。
このギターアンプと簡易ミキサーに、歌、ギター、ベース、ギーボードをつないで、アメリカの演奏の旅をした。
帰ってきてから、ほとんど使用していなかった。
でも、一緒にアメリカ大陸を横断したアンプだ。
捨てられなかった。


IMG_5749.JPG


30年ぶりに電源を入れた。
ボリュームにガリがあってバリバリとノイズ。
廃棄しようと思ったが、何度か我慢して使用していたら、なんとか復活。
まだ、アースが浮いているようなノイズはあるものの、気持ちよく使用している。
使用しているギターにピックアップ(マイク)を入れているので、そのチェックにもなる、電子ピアノを鳴らすこともできる。
捨てられない性格が功を奏した例だ。
だが、ほとんどは、なんの役にも立たなくて、廃棄を待っている機材が大量にある。
まるで自分をみているようで、捨てられないのだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とっくん
2020年05月20日 07:44
捨てられない機材を見るべんさんの目は、もしかしたら、ゴキブリの唄の主人公がゴキブリを見るように、自分の人生と重ね合わせているのかな・・・って、少し思ってしまいました。