明石おやこ劇場で

昨日「明石おやこ劇場」のコンサート。
100人ほど。
明石在住の坪谷玲子さんに書いていただいた絵本「いいの!」の原画展も。
小さな子どもたちも多くて平和のテーマが届いたかなと。
でも静かに聞いてくれた。
さすがにおやこ劇場の子どもたちは聴く力が育っている。
懐かしい人たちも。
子どもの頃、べんさんの歌を聴いて育った人。
感慨です。レジェンドです。

コンサート後、坪谷さん宅で7人で交流会。
明石海峡、淡路島を見通せるお部屋。
何度お尋ねしてもこの景色に感動する。
美味しいお食事と会話。
楽しい3時間があっという間に。

昨日テレビで。
日本のサッカー選手がザンビアに、妊産婦のシェルター施設を作るという。
衛生的にも栄養的にも良くない環境で、母体も子どもの命も危険な場所。
病院の隣に妊産婦が安心して出産を待てる施設を作る。
200万円かかる。
200万円。
べんさんの「くるくるサンデー」もそのくらいのお金がかかる。

200万円あればネパールに学校ができる。
そのくらいのお金を「くるくるサンデー」でつかう。

心しなければ。
8ヶ月番組を進行して、先の目標が見えてきました。
それをあと4ヶ月で完成させる。
それが、基金を寄せてくださった皆さんへのお返し。

詳細はこれから文章としてまとめます。

べんさんがこれまで学んできた40年を、「しあわせの種に」まとめました。
その土台の上に、「ほんとうの幸いをさがして」に行き着く。

さて、どこまで「ほんとうの幸い」にたどり着けるか。
あと4ヶ月。
その成果を来年の4月26日のコンサートに結実する。

その後、「くるくるサンデー」が追いかけてきたものとして一冊の本を書く。
そうなれば理想。
せっかく素晴らしい人たちに来ていただき、お話を聞かせていただいた。
勿体無い。

なんて、これからも自分を追い詰めそう。

さて、これから600キロを運転して川越に。
途中、愛知に立ち寄り、「くるくるサンデー」の収録。
東海のおやこ劇場を支えている藤原さんを取材。
楽しく話してきます。

では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント