べんさんとべんさんの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS とっくんのマラソン

<<   作成日時 : 2018/11/25 16:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

とっくんのハーフマラソン応援。
わずか10秒だ。
写真を撮りはぐった。
残念。
看板はしっかり作ったのだけど。
2年前はもう少し余裕があったのだが。
とっくんが早かったのかもしれない。
「お茶飲んでいく!」と声をかけたけど、忙しいから又にするって。
暇そうだったけど。

いもこさんが来てくれた。
一緒に応援。
個人情報なので、影だけ。
この方が雰囲気あるね。


画像


画像


小江戸トリビュートバンドのまりちゃんのお父様が亡くなられた。
これからお通夜。
まりちゃんはお父様が大好きだったから落ち込んでいる。
冷たい私とは違う。
みんなで励ましてやろうと!


この3日間、ラジオの台本作り。
本の原稿書きにも入るはずだったけど、途中にCDの音チェックも入ったので、できなかった。
ああまた言い訳をしてしまった。
一応、さあーやん(ラジオのアシスタント役)に3日分の原稿を送りました。

こんなコツコツとした仕事をよく飽きずにやると思う。
一生懸命書いても没になるかも知れん。
何の役にも立たなくなるかも知れん。

考えた。
20代の頃、お金にもならないことを夢中でやっていた。
その癖が身に染み付いているのだろう。
それが自分の人生にプラスになったのかわからないが、いやわかっているな。
絶対にプラスになっている。
マラソンを見ながらそんなことを考えていた。
いもこさん、そして通りがかりの町田くんありがとう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
べんさん、いもこさん、寒い中ありがとうございました。
50mくらい前から手を振りながら走ったけど、べんさんの「これ、見つかんないよなあ」という声が聞こえてきました。
ほんの直前で、「お!」と見つけてもらえました。

実は、15qくらいからトイレに行きたくなってしまい・・・
途中のトイレへ。まさに、「駆け込んだ」という有様でした。

こんなことになるなら、「BEN所」で、お茶でも飲んでいればよかった。

小江戸川越ハーフマラソンは、蔵の街を走ることのできるとても素敵な大会です。
でも、人気がありすぎて、受付開始当日に6000名分の枠が売り切れてしまい、毎年ネットでの「クリック合戦」がすさまじくなっている大会としても有名です。

来年も走れるかわかりませんが、その時は、また応援をお願いいたします。一緒にチャレンジする方もいたらいいな。

おけいさん
僕の家族は、地元のおまつりに行っていました。
べんさんが、「ほんの10秒」というように、応援のし甲斐があるようなないような、それがマラソンですね。

とっくん
2018/11/25 19:36
とっくんお疲れ様でした。
こちらは大勢の中、1人を探すのは
大変でした。

家に帰るのに、普通は15分ぐらいで着くのに、
一時間以上かかりました。
お天気も見方してくれて、楽しかったですよ。
いもこ
2018/11/27 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
とっくんのマラソン べんさんとべんさんの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる