2月22日コンサート638名でした!

ニュースによると、HONDAの新車「インサイト」が売れていると言います。
ハイブリッド車です。
買いたいものや、いいものを作れば売れるのです。

話題の郵政民営化はアメリカの要請だと言います。
郵貯に蓄えられている日本の国民の200兆円(何年か前の額です。今はもっと多いのかな?)というお金に、アメリカが目を付けた。
それには、民営化が必要。
ブッシュさんは、小泉さんにお願いして、見事郵政の民営化に成功。
日本人の貯蓄のお金がアメリカに流れる道を作りました。
そのお金が、アメリカの国債や株式を買うのに流用される。
もうすでに流用されたのかな?
百年に一度と言われる、世界大恐慌で、郵政は、大変な損害を出している、なんて、ぼくの考え過ぎかな?

ぼくたちが郵便局に預けたお金が返ってこなくなる日もあるんじゃないかな?
郵便貯金や、簡易保険は安全だと思っているけど、これからは危ないよ。

わたしたち日本人は、将来が不安だし、とりたてて買いたいものもないから、貯蓄にお金を回しています。そのお金が200兆円になった。
そのお金が動かないと、世の中は景気が悪くなります。
郵貯。
どうみても美味しいお金です。眠っている埋蔵金(?)です。
アメリカは小泉さんに圧力をかけた。
ブッシュさんは、大きな会社をたくさん持っている。
自分の会社にもお金を回したい。
そんなところだったのかな?

無駄なお金は使いたくないけど、いいものがあったら買うのです。
ハイブリット車「インサイト」が売れている。
夢を持てる産業が大切になっています。
平和や環境に配慮したエコ産業。
身体にいい食物。
確実に、そんな時代がくるのです。
「いいものは売れる」
ある意味で(?)おもしろいニュースでした。

ところで、竹中平蔵さんは、この未曾有の恐慌のなかで、お金を儲けているのでしょうか?損したのでしょうか?損したのなら、すこし罪を許していいかな?儲けていたら、国家的犯罪です。

コンサートの感想4

川越いもの子作業所のみなさんへ
「初めて障害を持った人たちの生の声を聞きました。
自分たちを認めてもらえなかったり、やりたいことができなかったり、本当に辛かったと思います。
でも、作業所ができてイキイキと「今は楽しい!!」と胸を張って楽しそうに歌う姿に涙がにじみました。
何も知らないってこわいです。いろんな人に会い、いろんなことを感じていけるようになりたいと思います。素敵なコンサートありがとうございました。

たかはしべんさんへ
「やはりCDとは違います!!
お客さんの顔を見て、その様子でべんさんがうま~く話をつなげたり、歌詞を変えたり、曲を間違えたり(笑)。
ほんとにあったかくてステキでした。
娘がつれてきた友達は、一才のときにお母さんが交通事故で亡くなって、それからは、おばあちゃんに育てられています。
「おかあさん」がたくさん出てくるので、どうかな~、と心配したけど、娘と二人で大笑いしていました。
いろんな悩みや辛さをかかえている人たちも、一緒に笑えたり泣けたりすることで、明日が楽しくなるといいなあと思います。ありがとうございました」
志木市、Nさん。

べん
読んでいて、涙が出ます。
素敵なお母さんだな!


川越の友人、菅間哲男さんのプレゼントです。彼が描いた絵です。ほのぼのとしています。
今年の9月19日に彼を中心にしての「たかはしべんコンサート」があります。
ぼくの昔の友人たちによる「トリュビュート」コンサートだそうです。
ぼくの作った歌を、みんなが歌うのです。面白そうでしょう?
またの機会に紹介します。


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

とっくん
2009年02月26日 19:15
べんさんのブログは本当に勉強になります。

新聞や経済誌を読まなくても情報が入って来ます。

優勢民営化の裏にそんな思惑があったとは。ひどい話です。


トリビュートコンサート、ぜひ見に行きたいです。
耕生
2009年02月27日 06:58
耕生です。

皆さん、べんさんのブログにアクセスカウンターが付いているにお気づきだったでしょうか?私は先日はじめて気がつきました。右上隅に小さく出ています。全体表示の時はおそらく通算の総アクセス数が、それぞれの日記の時にはその日のアクセス数が。つまり何人の人がその日のブログを読んでいるかがわかるわけです。ちなみに最近の最高値は22日の川越コンサートの日で、80人の人がアクセスしています。べんさんは毎日、このカウンターを見ながら一喜一憂しているかも。

昨日、仕事が終わって、たまたまべんさんのブログにアクセスしたら、なんとカンターの数字が00001、つまりその日の最初のアクセスでした。ブログのアクセス順位など、どうでも良いことだけど、なぜか「やっった!」と思いました。

(続きは次のコメントで。なにしろ500字の字数制限があるので、やっかいなのです)
耕生
2009年02月27日 07:00
耕生です(続き)。

>夢を持てる産業が大切になっています。

ほんとうにそうだと思います。

今、世界中が戦後最大の不景気とかで大騒ぎですが、21世紀以降の社会のあり方を考える上で良いチャンスだと思います。これまでのように資源の浪費・物の使い捨てでは、消費経済は回復しても人類の未来は絶望的です。貴重な地下資源は極力温存し、手間暇かけてつくられた質の良い物を大切に使う、そんな姿勢が大事ではないでしょうか。

今、「経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか」(G. ダグラス・スミス著、平凡社ライブラリー513、2004年刊、\900)という文庫本を読んでいますが、著者は今こそ経済成長という名の神話あるいは常識を変えるべき時ではないかと述べています。
詳細はまたの機会に。

上記書、是非読んでみてください。最初の方で、「国の交戦権とは自衛権に他ならない。だから交戦権の放棄とは自衛権放棄のことだ」と明言しています。

この記事へのトラックバック