ギターの話

最近の若い人は、天才なのか、努力家なのかギターの上手な人が多い。子どもの頃からギターに触れてることも原因かもしれない。昨日の朝日の記者さんも、フォークギターを持ってるって言ってた。
金沢の小学校では、校長先生、教頭先生、PTA会長と一緒にギターを弾いて演奏をした。
僕らの世代から下の世代は、ギターを弾いて歌うのが生活の中にあったのだから、その子どもたちが、早くからギターを触っていても不思議ではない。
ギター教室も充実しているしね。
ぼくなんか恥ずかしくなるくらいに、ギターの上手な若者が多い。頭を下げて教えてもらいたいくらい。

ギターを弾きはじめの頃は、ぼくは「寝る時も一緒」位にギターが大好きだったのだけど、仕事にしてからは、「仕事だから一緒」に変わってしまった。いまでは、「仕事の時は一緒」になったかな?
それでも、ギターは好きみたいで、何本もギターを持っている。気分によってギターを変えているのだけど、それも、最近は気分が変わらなくなってしまって、一本のギターですむようになった。最近よく使う、30年代のギブソンのL-0(だったかな?)が気に入っていて、こればっか。
「フォークギターと言えばやっぱりマーチンだよな!」と、たまにはマーチンを押し入れからひっぱり出して、コンサートで使用するが、音が自分の歌と合わなくて、結構イライラする。
で、またギブソンに戻ってしまう。マーチンギターは、もう、多分使用しないだろうな!でも、捨てがたいな!と、マーチンギターを4本ほど持っている。あーあ、使わないのにな!
不思議に、ぼくの声とギブソンのギターの音色が合うんです。ロックっぽいのかな。なんだろう?
ギブソンは、あとB-25、J-45もたまに弾いている。
ギターのわからない人には、なんだかわからんでしょう?いわゆるブランドものです。ぼくもブランドのギターを持っている。歌いながら、反省しているんです。
仕事で使うので、許してください。全部中古ですけどね。それも価値のないものばかり。あ、一本だけ!ぼくの生まれた年に制作されたギターがあります。これだけは、こだわって買ってしまいました。
写真はマーチンの30年代のもの。いい音なんだけど、歌っていると、赤の他人をだっこしてるみたい。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

fumi
2008年12月21日 00:20
あははは、、、
弾くのはヘタだけどボクもいっぱいギターを持ってます。
何本あるのかよくわからない位持ってます。
ボクの場合それほどブランド物ではなく(少しは持ってるけど)ほとんどは国産の年代物です,,,と云ってもべんさんの物ほど古くなく70年代が多いかな?
フォークソングが好きになってギターを始めたころ買いたくても買えなかった頃のものばかり。
安物にも思い入れがあります。


とっくん
2008年12月23日 20:23
僕のギターは中学時代に同級生のお母さんが持っていたものをもらいました。

その当時で、10年以上使ったもので、今でも使っているので、ざっと30年ものです。

ギターをくれたお母さんは亡くなってしまい、形見として今でも大切に使ってます。
座長
2009年08月07日 21:43
私は3年前までは2本しか持っていませんでした。
3本目をギターワークショップに注文したら、シーガルの塩崎さん忙しくて出来上がるまでに2年半かかりました。
その間に「ギターほしい病」のウィルスに感染してしまい、増殖することすること・・・もうビョーキ(*_*; 
シーガルができあがってからは、もう買うまいぞと決めたのですが、また中古を1本買ってしまった。
ここらで打ち止めにしたいとホンキで思っています。

同病の方は他にもたくさんおられます。
どうしてほしくなるんでしょうね・・・・?

ゼンッゼンへたくそなんだから。
座長
2009年08月07日 21:56
上記「ゼンッゼンへたくそなんだから」は自分のことです。

この記事へのトラックバック