べんさんとべんさんの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 山桜

<<   作成日時 : 2017/05/13 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「泥のように眠った」と言う比喩がある。
泥になったことはないので、どんな状態か、わからない。
「赤子のように眠った」がわかりやすいけど、赤子は夜泣きするからな。

昨日、川越を10時に出て、金沢に17時前に着いた。
460キロを、7時間弱。
わたくしとしては「やったね!」だ。
ナビの到着時間予測に着いたのだ。

いつもなら8時間以上はかかっている。
運転中に眠くなるので朝食、昼食を抜いた。
長距離運転手も眠気覚ましに食事を抜くと聞いた。
これ正解。
いつもなら、途中2〜3度、SAで仮眠するのです。

夕食を食べて、21時には、「アンモナイトのように眠った」「ナウマン象」のように。
今頃起きた。

昨日、軽井沢から佐久あたりにかけて山桜が散る頃だった。
なんの花が好きか?わたくしは「山桜」。
北海道の春、野山にあちこちに桃色の山桜が咲く。
ちょうど今頃の季節だ。
学校では、小学校、中学校に入学して、やっと落ち着いた頃。
友だちもでき、気になる女生徒もできた頃。
甘酸っぱい想いと桃色の山桜のコントラス。
いかん、過去に浸ってしまった。

東北の山桜も美しかった。
藤沢周平の「山桜」もいい。

一昨日、子どもの頃から仲良しの、Mくんが事務所に寄ってくれた。
9時に家を出て、狭山市で乗馬を楽しんで、サイボクで食事をして事務所に立ち寄ってくれた。
2時半頃だ。
新しい発見をした気分。
半日くらいでも充分遊べるのだ。
考えてみたら、この数十年、そんな遊びをしたことがなかった。
遊びと言えば朝早く家を出て、夜中に帰る。
そんな観念にとらわれていた。

「半日」の遊び。
いいのかもしれない。

さて、朝までまだ半日。
本でも読んで楽しもう。
いかん、午後からコンサートだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
美しい桜に囲まれて仕事をしている人が、山桜にうつつをぬかすなんて・・・
え?あの方たちは、サクラだって?
とっくん
2017/05/13 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
山桜 べんさんとべんさんの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる