べんさんとべんさんの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯能市名栗で公演

<<   作成日時 : 2008/11/15 20:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

埼玉県の飯能市名栗でコンサート。同じ埼玉でも、川越から車で2時間近くかかる。
山間部といっていいのだろうか、谷あいの村の学校公演。なんと、名栗幼稚園、名栗小学校、名栗中学校の合同公演。
今年の一月に名栗村と飯能市が合併。飯能市大字名栗というらしい。
元の名栗村の人たちの交流の場として、数年前から、幼稚園、小学校、中学校の合同の文化祭(?)が始まったそうです。この日は午前中、小学校、中学校で合唱際。午後から合同の「たかはしべんコンサート」会場は中学校。中学生の合唱を聴きました。話題のアンジェラ・アキさんの「手紙」を歌いました。
いい歌だね。1年〜3年、70人の合同演奏でした。上手でした。感動しちゃう。
コンサート前、控えの部屋から外を見ていると、名栗川にそって走る、のどかな山の景色の中、続々と車がグランドの駐車スペースに。まるでラッシュでした。
体育館は幼稚園児、小学生、中学生、保護者と400名の人たち。
旧名栗村の人口は3千人弱。一割以上の人に聴いてもらった事になる。すごいね!川越で考えたら、4万人になる。すごいな!
「幼稚園から小学生、中学生までのコンサート、今まで、あまりやったことありません!」って話したら、中学生が笑っていました。
珍しいのです。プログラム、どうしようかな?と思ったけど、まあいいや、と、小学生へのプログラムに。中学生は、普段から幼稚園で保育の体験をしているようで、なんの違和感もなく、コンサートを楽しんでくれました。
幼稚園児と中学生が一緒に笑っているんだよ!たのしいでしょう?
これが当たり前の社会だよね。異年齢が一緒に楽しめる。違和感を感じる方が、おかしいんだよね。
「おしまいの歌です。せかいじゅうの海がです。手話を手伝ってくれる人、前に出てきて、いっしょに手話をしてください」と言ったら、小学生が10数人、そして中学生も10数人、前に出て手話をしてくれたのです。
感激です。この学校の中学生、どんな大人になるのかな?10年後に再会してみたいな。すてきな青年になっているよ、きっと。
幼稚園の子どもたちは、あくびをしながら笑っていました。小学生は元気よくやじってくれました。楽しかったからだよね。みんなみんなありがとう。
飯能、日高のおやこ劇場からも十数人、1月の公演の狭山養護学校の方。吉見の小山さんご夫婦も見えました。
ありがとう。
手話の時の写真です。
帰りの名栗川の紅葉も付けちゃう!まいったか!
耕生さん、ありがとうございます。宮沢賢治についての、ぼくの先生でした。賢治の友人は保坂さんでしたね。間違えました。宣伝のチラシの事も、もちろん知ってましたね。こんど教えてください。
宮沢賢治に出会うたびに、発見するものがあります。ぼくも、宮沢賢治研究の仲間に入れてください。すみません。まったく500字では、思いを書けませんよね。
画像



画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵なコンサートありがとうございます
PP&Mのコンサートみたいで大人も子供も皆が一つになっていますね。
べんさんの歌で人がやさしい気持ちに素直な気持ちになれるなんて素敵ですね。
べんさんの楽しそうに歌う姿にとても心を打たれました。(笑顔が最高でした!)
とても楽しい時間をありがとうございます。
ブログ毎日見ております(酒の肴になります)
北海道 寒そうです お体ご自愛ください


くりけっと
2008/11/15 21:41
昨日は素晴らしいコンサートありがとうございましたっ!
大人になったら素晴らしい青年になりますっw
名栗っこ
2008/11/16 14:26
異年齢合同コンサートですか(^O^)

いいですね。


なかなか体験できないですね。大人としても、そういうコンサートで子どもたちがどんな反応をするのか見てみたいな。


みんな、10年後、どんな青年になるのかな?


生の芸術にたくさん触れるのは、心の栄養。

べんさん、これからも日本中の子どもたちに、たくさん栄養を与えてね。
とっくん
2008/11/17 10:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯能市名栗で公演 べんさんとべんさんの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる